2019年05月31日

次に買えるのはオリンピックイヤー!?ヤマチョウの八十八夜新茶は今日まで

森の茶製造元、ヤマチョウです。

「限定品」という響きを聞くと心がざわつくのは何故でしょう。

数量限定、期間限定、入手困難、残りわずか、入荷待ち。
世間にはこんなワードが溢れかえっています。

限定品を手に入れるということは、一種のステータスを手に入れることです。
みんなが持っていない物を持つ稀少性。みんなが手に入れたくても手に入らない物をもっている優越感。

しかし、ヤマチョウの「限定」は、これらとは少しだけ意味合いが違うんです。

新茶限定の「八十八夜新茶」「香味新茶」や、秋限定の「香味煎茶」、「金印」「銀印」。
そして冬限定の「森の雫強火焙煎」。ヤマチョウにもいくつかの「限定品」があります。

これらは数が少ないから限定ではないんです。

ヤマチョウの限定は、その季節に飲むからこそより美味しさが際立つから季節限定にしているんです。

80732c570057b259a696d63e43bbd3b9_s.jpg

特に新茶限定の「八十八夜新茶」は5月2日から5月31日までの29日間しか販売しません。
ヤマチョウのお茶の中でもレア中のレアです。

お茶は一年中あるのに、なぜ八十八夜新茶は期間が限定なのか。

それは新茶の季節に飲むのが一番美味しいようにつくられているからなんです。

爽やかな初夏の風のように青く瑞々しい味わい、フッと香る新緑の香り。
これは5月から夏にかけての空気の中だからこそ最高に感じることができるもの。

もちろんいつ飲んでも味はバツグンなんですが、簡単に言えば冬に暖房ガンガンの部屋でアイスを食べても美味しいけど、やっぱり夏の暑い日に汗をダラダラかきながら食べるのが美味しいね!という感じです。

87ce14d51c923dc34b02b3a38dbaecca_s.jpg

どっちがそれっぽいか。

それは間違いなく汗ダラダラで食べるアイスです。

旬のものは旬のときに。そんな願いからヤマチョウの八十八夜新茶は新茶の季節の限定商品となっています。

もちろん、期間を限定することで「今しか買えない」感をアピールする狙いはちょっとはあるんですけどね笑

そんなわけで、この季節に最高に美味しく飲めるようにつくられたヤマチョウの「八十八夜新茶」は本日5月31日までの限定販売です。

この機会を逃すと、次に八十八夜新茶が飲めるのは2020年の5月2日です。

もう買ったけど美味しかったからもっと欲しい。
そんな方でもお気に入りの味を手に入れる事ができるのは今日までです。

1223.jpg

ちなみにこの味がお気に入りの方は、一年中いつ飲んでもお気に入りの味のはずなので、一年分を買いだめするのもオススメです。

でもそんな急に今日までって言われても!

そんなあなたに朗報です。

5月31日までの限定販売ということは5月31日の午後11時59分までです。
しかしヤマチョウオンラインショップには自動で商品の掲載を取りやめる機能はありません。

つまり、月曜の仕事始めの時間まではそのまま掲載されているんです。

そんなわけで、土日にゆっくりと商品を見極めることも可能です。

新茶のこの時期に飲んで欲しい。そして、縁起物としてこの時期に贈ってほしい。

そんなヤマチョウの「八十八夜新茶」は5月31日までの限定販売です。

大事な事なので何度も言います。

5月31日まで。今日までです。
でも6月3日の月曜日までオンラインショップに掲載はしています。
そして次に飲めるのは2020年の5月2日です。オリンピックイヤーまでおあずけです。

5月2日から5月31日まで。ヤマチョウの新茶の代名詞「八十八夜新茶」は今日まで(正確には6月3日の朝)までの限定販売です。

気になる方はお早めに。「限定品」ですからね!

ヤマチョウの「限定品」八十八夜新茶はこちら↓
英語で言うと「リミテッド」ヤマチョウの八十八夜新茶はこちら↓
ちなみにフランス語だと「édition limitée」八十八夜新茶はこちら↓
posted by やまちょう at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

後悔しない日焼け対策は中からのケアにある

森の茶製造元、ヤマチョウです。

今年の夏こそ絶対に日焼けをしない!

そう心に決めたはずが、鏡に映る姿に途中で力尽きた己の怠惰を悔やみ、精も根も尽き果てた肌を見て更に心を砕かれ、しかしもう今までの私とは違う、今年こそは!と決意も新たに意気込む今日このごろ。皆様いかがお過ごしですか。

スーパーやドラッグストアに行くと、紫外線対策といたる所に広告があり危機感を煽られるわけですが、実は危険な方の紫外線「UVA」は4月〜8月、つまり今が最も強い時期なんです。

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s.jpg

紫外線には「UVA」と「UVB」というふたつがあります。

UVAは一番波長が長く、雲や窓ガラスなどを突き抜けて降り注ぎます。
そのため、肌の表面だけでなく奥深くの真皮層までとどいて、シミ・シワ・たるみの原因となったり、皮膚がんや白内障の危険もあったりします。

しかもUVAの影響は、紫外線を浴びてすぐではなく中長期的に現れるので油断ができません。
赤みや炎症がほとんどない出ないので気が付きにくいですが、肌に与えるダメージは確実です。

もうひとつの「UVB」はこんがりする方の紫外線です。
これのピークは6月〜8月くらい。つまり今は「UVA」と「UVB」のどちらもピークを迎えている季節なんです。

紫外線対策の一番簡単な方法は、何と言っても日焼け止めです。

ちなみに日焼け止めにもいろいろな種類があるのをご存知ですか。

パッケージに数値がいろいろと書いてありますが、簡単にまとめるとこんな感じです。

買い物などの軽い外出:FPS10〜20・PA+〜PA++
屋外における軽い運動:FPS20〜30・PA++〜PA+++
炎天下での運動、海など:FPS30〜50+・PA++〜PA++++
敏感肌の人が紫外線の強い場所に行く:FPS40〜50+・PA++++

一番強力なのを買えばいいんじゃないのと思うかもしれませんが、一般的に数値が高くなるほど、 肌に負担がかかって荒れる原因となります。
強力なものはここぞという時だけにしてくださいね。

085189bb6eb0d433578126c8400a9ef9_s.jpg

こんなに種類があって完璧に見える日焼け止めですが、近年の強力な紫外線の前では鉄壁の防御を崩されてしまう事も多々あります。
そこで中からの保護、そしてリカバリーが必要となるのです。

では中からどうしたらいいのか。

方法のひとつは、緑茶を飲むことです。

緑茶には「カテキン」が含まれています。このカテキンには高い抗酸化作用(こうさんかさよう)があるんです。

抗酸化作用とは、まず「酸化」は体がさびて老化してしまうことです。この酸化に「抗う(抵抗する)」作用、つまり抗酸化作用は老化を抑制するはたらきのことです。

また、紫外線の影響で大量にメラニン細胞がつくられるのを抑制するはたらきもあります。

メラニンはシミの原因となります。もちろんメラニン細胞は肌にとって大切な細胞です。
適正な数がつくられるのはいいのですが、紫外線の影響でつくられすぎたメラニン細胞は敵でしかありません。

さらに緑茶に含まれるポリフェノールは老化した皮膚の再生を促進させるはたらきもあります。

そんなカテキンの含有量は「煎茶」→「ほうじ茶」→「それ以外」となります。お肌のためには「煎茶」がおすすめです。

ちなみに麦茶は茶とついていますが麦なので、茶カテキンとは無縁です。ご注意ください。

緑茶に含まれるカテキンは90度以上の熱湯でより多く抽出されることが分かっています。
暑い季節ではありますが、お肌のためには急須で淹れる熱いお茶が大切ですよ。

お茶を注ぐ-◆の木のコースタートリミング.jpg

しかしながら、どうしても熱いお茶は苦手。
冷たいお茶がいいという方にはビタミンCの観点から水出し茶がおすすめです。

ビタミンCには美白効果があります。
シミ、そばかすの原因となるメラニンの沈着を防ぎ、透明感ある肌を維持する効果が期待されます。

そんなビタミンCはレモンのイメージが強いですが、「日本食品標準成分表」によると、煎茶100gあたりのビタミンC含有量はレモンの2.6倍です。

また、ビタミンCは熱に弱い一面もあるので熱いお湯で淹れた場合はちょっと苦手です。
なので水出しがおすすめなんです。

画像 088.jpg
ちなみに緑茶に含まれるカテキンがビタミンCを守ってくれるので少し湯冷ましした80度以下くらいのお湯なら大丈夫ですよ。

お湯でも水でもどちらもメリットがあります。
一番良くないのは何もしない事です。
とりあえずのウンチクは手に入れました。あとは実行するだけです。

夏の終わりに嘆くことのないように、日々のこまめなケアを心がけて楽しい季節を過ごしましょう。

ヤマチョウの「煎茶」はこちら↓↓↓

緑茶の成分をまるごと飲める「優煎茶」↓↓↓

水出しならこれがおすすめ↓↓↓
posted by やまちょう at 11:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

癒やされたい日々を癒すのはコレしかない!※お茶屋のブログの場合は

森の茶製造元、ヤマチョウです。

日々ストレスにさらされている皆様。
ストレスがない世界に行きたいですよね。でも社会人だから仕方がない、みんな我慢してるんだし。
そんな理屈は聞きたくありません。

1012825e56cfa151f4deee4c4db891ed_s.jpg

しかしながら現実問題、そこら辺はなかなかうまくいかないもので。
ストレスがない世界に行けなければ、少しでも緩和するしかありません。

世の中の人、特に日本人はみんなそれは分かっているようで、日本にはストレスを癒すための大量の香りがあふれています。

洗剤、柔軟剤、整髪料、そしてリラックスするためのアロマの香り。最近はタバコまで柑橘系などの香り付きです。

特にアロマ関連は、お香やアロマオイル、お部屋の芳香剤などいろいろなジャンルの商品があります。

いろいろな香りを人工的につくりだす事もできるので、果物や清涼感溢れる香りを簡単に感じて癒やされることができます。

個人的には、人工的な香りは本物よりも分かりやすいので、スーッと吸い込んだ時に気持ちが良くて好きです。

しかし、誰でも簡単に感じる事ができるようにつくられているので、人によっては香りが強すぎて長時間かいでいると頭が痛くなったり気分が悪くなってしまう人もいるようです。

78e8983a21c574c6adf237899f7053bc_s.jpg

それでも、疲れ果てた日々を香りで癒やされたい。でも強いのは苦手。

そんな方にお茶屋のヤマチョウがおすすめするのが「茶香炉(ちゃこうろ)」です。

茶香炉は、茶葉を火であぶって香りを出す方法です。
パッと部屋中に香るような、強く分かりやすい香りではありませんが、ほんのりと広がる優しい香りが特長です。

4800_茶香炉イメ.jpg

柑橘系の香りなどは気分がスッとする感じがしますが、お茶の香りがすると、なんだかホッとした気持ちになりませんか。

お茶に限らず、芝刈りをした時や草原に寝転んだりする時も同じ様な気持ちになると思います。

これはお茶に含まれる様々な香り成分のはたらきによるものなんです。

お茶には分かっているだけでも約300種ほどの香り成分が含まれています。

さきほど、香りを人工的につくりだすという話をしました。
香水などは、約50種〜200種ほどの香り成分を組み合わせて作られています。
もちろん、つくられた香り成分は自然のものとまったく同じ成分ではありません。
しかしながら「それっぽい」感じを感じることはできます。

ちょっと生活している中でも、さまざまな「香りの商品」を目にします。

レモンの香り、みかんの香り、りんごの香り、コーヒーの香り。どれも香りが特長的なものです。
芳香剤はもちろん、それ以外にも香料としていろいろな食品にもこれらの「つくられた香り」が使われています。

ecfc8f83716761d9ad61a4362c661cc8_s.jpg

しかしよく思い出してみてください。

お茶も香りが自慢です。それなのに「お茶の香り」をつかった商品を見たことがありますか。

なぜお茶の香りの商品が少ないのか。
単純に需要の問題もありますが、実はお茶の香りはまだ再現する事ができていないからなんです。
使われている成分のおおよそは分かっています。
しかし、組み合わせが複雑だったり、まだ判別しきれていない細かい香り成分があって、それらが「お茶の香り」として感じる重要なポイントとなっているのではと考えられています。

お茶の香りをつくることは難しいですが、お茶の葉があれば簡単です。

お茶の香りを感じるとリラックスした気持ちになります。
これは、お茶の香りに気持ちをホッと落ち着かせるはたらきがあるからです。

それはお茶に含まれるこの4つの主な成分が理由なんです。

1.青葉アルコール

お茶の葉に鼻を近づけたとき、青々とした香りを感じます。これが「青葉アルコール」という成分です。この成分にはストレスを取り除き気分をリラックスさせるはたらきがあります。

2.リナロール

鎮静作用や血圧効果作用、抗不安作用のはたらきがあります。不安やイライラがおさまらない時に気持ちを落ち着かせてくれます。

3.グラニオール

さきほどのリナロールと同じく鎮痛や不安を抑えるはたらきがあります。

4.ピラジン

お茶を熱したときの発生する香り成分です。ほうじ茶の香ばしい香りにはこの成分が多く含まれています。
リラックス効果や、血行促進のはたらきがあるので、肩こりや肌トラブルにも効果が期待できます
クスさせるはたらきがあります。

ここでポイントなのが最後の「ピラジン」です。

ピラジンは茶を熱することにより発生する香り成分です。
お茶は仕上げる時に「火入れ」という作業をして茶を熱しています。
しかし、普通のお茶は美味しく飲めるようにつくっているので、それほど強く火を入れているわけではありません。

そこで茶香炉の出番です。

茶葉をゆるやかに熱することで、お茶らしい青々とした香りをピラジンのはたらきにより強く感じることができます。
最初から火が強く入っているほうじ茶を熱すれば?と思う方もいるかもしれませんが、それだと青々しいお茶の香りが薄れてしまうのであまりオススメはできません。

先程も言いましたが、お茶の香りは複雑なためアロマオイルなどで再現することは出来ていません。

茶香炉でゆるゆると熱するのが一番お手軽で、なおかつ香りを強く感じる事ができる方法です。

茶香炉に使うお茶の葉は何でもいいのですが、できれば香りの良いものの方がオススメです。

そこでヤマチョウでは茶香炉で使うためだけに作ったお茶「アロマテラピー香茶」があります。
とにかく香りが良くでるように、芽の多い煎茶とくき茶をうまくブレンドしてつくったものです。
いうなればヤマチョウが調合したオリジナルブレンドの香りです。

香茶-茶葉.jpg

もちろんお茶なので飲んでもまったく構いませんが、熱して香りを良くするために作っているので特別オススメはいたしません。
飲むお茶は飲むようにつくったものにしてくださいね。

様々な香りが溢れている現代。
自然の香りをそのまま感じてリラックスできる茶香炉で、日々のストレスを癒やす「お茶活」を楽しんでみてくださいね。

いろんな形の茶香炉がありますが、これが一番いい香りが出る気がするのでオンラインショップはこれだけしか取り扱っていません↓↓↓

ヤマチョウブレンドのアロマテラピー香茶はこちら↓↓↓
posted by やまちょう at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

ちょっとレトロなミニ茶箱

森の茶製造元、ヤマチョウです。

4月から新生活が始まってそろそろ2ヶ月。

長い連休もあり、なかなか生活のペースを掴めなくて心がお疲れモードではありませんか。

そんな心の疲れを癒やす方法のひとつとして、お部屋の模様替えがおすすめです。

毎日居るお部屋です。少しイメージを変えるだけでもなんだかリフレッシュした気分になることができます。

あなたはどんなお部屋が好きですか。

いろいろなタイプのお部屋がありますが、最近は「ちょっとレトロ」な雰囲気が人気です。

そして、そんなレトロな雰囲気を演出するアイテムのひとつとして、今、「茶箱」がブームなんです。

茶箱は、もともとお茶の保存に使われていた箱の事です。

今のように気密性の高い袋やダンボールなどがない時代、お茶は茶箱に入れられて運搬されていました。
ヤマチョウでも昔は馬でこの茶箱を運搬していたんですよ。自動車もない時代の話なんです。

こちらがその当時の写真です。

190521a.jpg

茶箱に「ヤマチョウ」の屋号があるのが見えますか「山の絵のような三角」の下に「長」でヤマチョウです。

ダンボールなどの普及により一時はその姿を消した茶箱ですが、最近インテリアとして人気が出てきているんです。

小國ことまち横丁にあるヤマチョウの直営店「ヤマチョウ本店」でも、積極的に茶箱を活用しています。

店内上部のインテリアとして使ったり、そもそもが箱なので、商品の保管場所としても便利です。
そして何より、レトロでいい感じの空間が演出できるんですよ。

190521e.jpg

そんな茶箱ですが、写真を見ていただいても分かるように、元々お茶を保管するための箱なので結構な大きさがあるんです。
インテリアとしてお部屋に置くにはちょっとスペースを取りすぎです。

そこでオススメするのが、現代の住宅事情にマッチしたヤマチョウの「ミニ茶箱」です。

190521b.jpg

ミニ茶箱は、ヤマチョウの茶箱をそのまま小さくしたものです。
小さいのでお部屋に置いても圧迫感はありません。

中には細々としたケーブルを入れたり、ハンドクリームなどの小物。また、キャッシュレスのこの時代、小銭をお財布に入れておきたくない方は貯金箱代わりに使うのもおすすめです。

ヤマチョウでも社長の小銭入れとして、とても便利に使われていますよ。

190521d.jpg

サイズは186×121×128mm。家庭用のアイロンくらいの大きさです。例えが微妙ですいません。。。

表と裏には、ヤマチョウが昔から使っていたデザインの茶箱シールが貼ってあります。
もちろんお好きなシールを貼って、オリジナルの茶箱を作るのも楽しいですよ。

しかしヤマチョウはお茶屋です。茶箱のみの販売は現状していないんです。
茶箱だけではなくお茶も買って欲しい。むしろお茶をメインで買って欲しい。

そんなヤマチョウではお茶を茶箱に詰め合わせたギフトセットを販売しています。

5月31日までの限定販売の「ヤマチョウの新茶箱」は、新茶時期の人気商品「八十八夜新茶」が入った「なごみ-1」と、「八十八夜新茶」「森の雫」の2種類が入った「なごみ-2」の2種類があります。

もちろん、特別にミニ茶箱だけを販売することもできます。
オンラインショップに掲載はありませんが、メールやお電話などでお問い合わせくださいませ。

190521c.jpg

美味しいお茶と一緒に、今話題のミニ茶箱をインテリアに活用してみませんか。

ヤマチョウのミニ茶箱「なごみ-1」はこちら↓↓↓
https://yamachou.net/products/detail187.html

ヤマチョウのミニ茶箱「なごみ-2」はこちら↓↓↓
https://yamachou.net/products/detail188.html

posted by やまちょう at 11:09| Comment(0) | オススメ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

新世代の急須はこれだ

森の茶製造元、ヤマチョウです。

お家に急須はありますか。何かこだわりを持って選んだ急須ですか。
軽さ?持ったとき手にしっくりくる感じ?デザイン?それとも値段?
急須を彩る要素はたくさんあります。

749d530b9f77d96663f7262a593638a0_s.jpg

ですが、急須の「網」にこだわりはありますか。

ヤマチョウのお茶は深蒸し茶です。
深蒸し茶は普通蒸しや浅蒸し茶に比べて茶葉がもろく、細かいのが特長です。
そのため、ヤマチョウにはよく急須に茶葉が詰まってしまって困っているという問い合わせがよく来るんです。
実はこれは、深蒸し茶である以上どうしても避けて通れない問題なんです。
そして、この問題を解決するたったひとつの方法が「網」だったのです。

一般的によく見る急須の網は、いわゆる「カゴ網」と呼ばれるものです。

急須の中にカゴがスポッと入っているカゴ網急須は、カゴの部分を取り外して茶殻を捨てるお手入れ簡単タイプです。
一般的に広く普及しているタイプですが、実は深蒸し茶を淹れるのにはあまり適していないんです。
カゴ網の急須をよく見ると、網部分の目がとても細かくなっています。普通の茶葉なら問題なく淹れられるのですが、深蒸し茶は細かい茶葉が多いので網の部分に詰まってしまうんです。

p4-2.jpg


そして、この細かい部分こそ深蒸し茶のいいところでもあるんです。

何年か前にテレビの健康番組で深蒸し茶を取り上げられた時も、湯呑に注がれた茶葉の細かい部分が良いとされていましたが、まさにその通りです。
ですので、急須が詰まるということは、うまく淹れられないうえに深蒸し茶の細かい部分が注がれないわけですから、深蒸し茶の魅力の半分くらいしか味わえてないようなものです。

お茶を美味しく淹れるには、高価なものである必要はありませんが、きちんと適した道具が必要です。
うどんを食べるのにフォークでは食べられない事はないけど食べにくい。割り箸でもいいからお箸の方が食べやすいのと同じです。

そんなわけで、深蒸し茶を美味しく淹れるためにおすすめの急須をご紹介します。

ポイントは3つ。

急須の中に十分な空間があって、茶葉をゆったりと遊ばせる事ができること。
網目が細かすぎないこと。
そして、毎日使いたいと思えるデザインであること。

これらを踏まえて、ヤマチョウおすすめの急須をご紹介します。

まずは深蒸し茶用の定番「板網茶こし」の急須です。

注ぎ口のところに板のように茶こしが貼り付けてあります。
こうする事で急須全体で茶葉を遊ばせる事ができるので、より美味しくお茶を淹れることができます。また網の目もそれほど細かくないので、深蒸し茶でも詰まりにくくなっています。
ヤマチョウでお茶をチェックする時に使っているのはこのタイプです。

急須-中.jpg


急須の底の部分に網が貼ってあるちょっと変わったタイプです。
これも急須内全体で茶葉を遊ばせる事ができるので美味しく淹れられますし、網の範囲が広いのでより詰まりにくく注ぐ事ができます。
ただ、網の範囲が広い分、少しだけお手入れが面倒だったりもします。

急須_茶_中-小.jpg


今までご紹介したものとはまったく違う茶こしの形状です。
カゴ網を進化させた感じのタイプですね。
今までのカゴ網とは違い、網部分を寸胴にすることで茶葉を遊ばせる範囲を広くし、なおかつ着脱可能でお手入れもしやすい。
しかもスレンレスなので水でサッと流すだけで、簡単に茶葉が落ちる。
とにかくお手入れが簡単なので、私の家ではこのタイプを使っています。

急須_白_中-小.jpg

昔は急須と言えば朱泥のタイプがほとんどですが、最近はデザインにもこだわったタイプが多くなっています。
特にスーパーステンレス茶こしは急須型だけではなくポット型も多く販売がされています。

使いやすくておしゃれな外観。これが新世代の急須です。
ヤマチョウのオンラインショップでも急須の販売はありますし、直営店である「ヤマチョウ本店」でも多数の急須を取り揃えています。

また、ぜひ一度、お近くのお茶屋に立ち寄ってみてください。
急須は道具です。
一度手にとってみて、しっくりくるものを選ぶのが一番良い方法です。

手の大きさに合っているか、重さはちょうど良いか、デザインは好みか、そして、網はどんな網か。
毎日使う道具です。自分にぴったり合うものを探してみてくださいね。

北海道から沖縄まで。どこでもお届けヤマチョウの急須はこちら↓↓↓

これからの季節にぴったり。水出しにはこちらがオススメ↓↓↓
posted by やまちょう at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

新茶の代名詞。八十八夜の真実

森の茶製造元、ヤマチョウです。

お茶と言えば「八十八夜」ですが、この「八十八夜」って何かご存知ですか。
お茶屋がPRのために勝手に作った言葉ではないんですよ。

八十八夜という言葉を聞いてまず思い出すのが童謡「茶摘み」の一節「夏も近づく八十八夜」という歌詞ではないでしょうか。
この歌が、八十八夜を広めたのは間違いありません。しかし八十八夜という言葉は、この歌ができるずっと昔からあったんです。

190517a.jpg

日本には古来より「二十四節気(にじゅうしせっき)」があります。立春、冬至、夏至、秋分などは有名ですね。
二十四節気は季節の目安です。しかし、二十四ではちょっと足りないのでそれを補うためにつくられた「雑節」というものがあります。

八十八夜はこの「雑節」のひとつです。

立春から数えて八十八夜目の頃は農家にとって、とても重要な頃です。

朝晩の冷え込みがなくなり、霜も降りなくなるため外で作物を育てても心配なく、種を撒いても失敗することがありません。
また、「八十八」は「米」の字に通じるため、縁起をかついで米の苗床を作ったりしました。

しかし、この頃もカレンダーのようなものはありましたが、旧暦の暦のため、実際の季節とひどい時は1ヶ月も違うこともありました。
そのため暦ではなく、こうした月の満ち欠けで農作物にとって最適な時期を計っていたと思われます。

月の満ち欠けの周期は約29.5日です。29.5日で満月が欠けていき、また満月になるのです。
この29.5日の満ち欠けを3回見れば29.5日×3回=88.5日。これでほぼ八十八日になるわけです。

ちなみに何故「八十八日」ではなく「八十八夜」なのかといいますとお月様は夜しか見えないから「夜」というのが有力説ですよ。

190517b.jpg

ここまで読むと、八十八夜はお茶の代名詞ではなくお米の代名詞の方が良いのではないかと思われるかもしれません。
しかしそうではありません。

八十八夜の頃に摘み取られたお茶の事を総称して「新茶」または、「一番茶」といいます。
この新茶や一番茶が何かのかは先日のブログに書いてあるので興味があったら読んでみてくださいね。

★ヤマチョウブログ★
一年中お茶はあるのになぜ新茶は人気なのか↓↓↓

新茶は、二番茶、三番茶などに比べて爽やかで甘みが深い傾向にあります。

これは二番茶などに比べて、カテキンやカフェインという苦味成分が少なく、甘み成分のアミノ酸が多いからです。

簡単に言ってしまえば八十八夜の頃に摘み取られたお茶、つまり新茶は美味しいんです。

また、お米は八十八夜の頃に苗床をつくっていましたが、収穫できるのはまだまだ先です。
近年では自然災害を避けるために品種改良などもされ、昔とはいろいろな作業の時期が大きく異なります。

しかしながら、お茶は昔ながらの時期に美味しい新茶が摘み採られます。
変わらぬ時期の栽培、そしてやっぱり茶摘みの歌のおかげで、八十八夜=お茶のイメージが定着してきたんです。

画像_お茶イメ_9219.jpg

旬のものを旬の時期に味わう。これぞ最高の贅沢です。

ヤマチョウでも、新茶の時期だけ限定で「八十八夜新茶」という商品を販売しています。
旬のものを旬の時期に味わう。その為この八十八夜新茶は5月31日までの限定販売となっています。

古来より受け継がれてきた先人たちの知恵が八十八夜です。
美味しい新茶を飲みながら、子供たちに八十八夜の意味を教えてあげるのも楽しい時間になるかもしれませんね。

5月31日までの限定販売。ヤマチョウの八十八夜新茶はこちら↓↓↓
posted by やまちょう at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

森の茶製造元ヤマチョウの「森の茶」って何?

森の茶製造元ヤマチョウです。

ブログの最初にいつも書いている「森の茶製造元」これは「森の茶」を製造しているお茶屋という事です。

では「森の茶」とは一体何かご存知ですか。

p1-1000.jpg

新幹線で掛川駅に降りれば「掛川茶」と大きなポスターが貼ってありますし、SLに乗って千頭駅に降りれば「川根茶」と書かれたのぼりがパタパタと気持ちよさそうに揺れています。

森の茶、掛川茶、川根茶。これらは全てお茶の「産地ブランド」なんです。
でも、つかっているお茶の種類はほとんどが「やぶきた」品種。同じ品種のお茶をつかっているのに、産地や仕上げ方によってまったく違う味わいをみせてくれるんです。

日本一のお茶処、静岡県。今日はそんな静岡県のブランド茶をいくつかご紹介します。

まず、ヤマチョウ。ヤマチョウこと鈴木長十商店のお茶は「森の茶」です。

清水の次郎長の子分、森の石松でお馴染みの静岡県遠州森町。
余談ではありますが、森町には石松のお墓を祀っているお寺があります。
石松といえばギャンブルが好きなことで有名です。
それにあやかり、石松の墓石を削ってお守りにして賭け事に臨むと良い結果が出るとの噂が広まり、結果、墓石は削られすぎて現在三代目となっています。

初代の墓石が入ったお守りが境内で販売されていますので、ご利益にあやかりたい方は墓石を削らずにお守りを購入してくださいね。

「森の茶」
話を元に戻しまして、まずは「森の茶」です。

四季を通じて恵まれた気候、水はけの良い土質、川霧たちこめる山あいという最高の茶生産の環境で栽培される「森の茶」は、香りはもちろん、渋みと甘みがほどよくマッチした味わいです。

その中でもヤマチョウは「飲みごたえ」を大切に仕上げています。濃く、しっかりとした味わいがヤマチョウのお茶の特長です。

「本山茶」
静岡市のブランド茶である「本山茶」は、静岡県の茶産地の中で最も古い歴史をもっています。
口当たりが優しく、透き通るような爽やかな香りと旨みに満ちているのが特長です。

「川根茶」
静岡県の中央部、大井川の上流にある川根のお茶は「川根茶」と呼ばれます。
香りのよさが静岡県内でも一番の山のお茶です。旨みのある味わいも人気ですよ。

「天竜茶」
静岡県浜松市の天竜川流域のブランド茶「天竜茶」です。
ほどよい渋みと旨みのあるスッキリとした味わいが特長です。

「掛川茶」
おそらく一番知名度のある静岡県の茶産地である掛川のお茶です。
新幹線の駅があるので、名前をご存知の方は多いかもしれません。
深蒸し独特の濃厚でとても鮮やかな緑色の水色(すいしょく)と、渋みがおさえられたマイルドな口当たりが特長です。

「菊川茶」
深蒸し茶発祥の地である菊川のお茶です。
渋みを抑え、甘みを増した深蒸し特有の味わいが特長です。深い緑色の水色(すいしょく)で、香りも楽しむ事ができます。

「牧之原・島田茶」
静岡県内の空港「富士山静岡空港」がある地域のブランド茶「牧之原茶・島田茶」です。
まろやかな甘さとコクのある味わい、そして美しい水色(すいしょく)が特長です。

他にも県内には様々な茶産地がありますが、全部調べるとちょっと大変なので今回はこれくらいで。。。

同じ静岡県内なのに、こんなにもお茶の味に違いがあるんです。
しかし、日本一のお茶処静岡県ですが、県内全てでお茶の栽培が行われているわけではありません。

お茶の栽培の条件として川の上流から中流に位置し、川霧がたちこめる事が必須です。
ですので、伊豆や熱海の方ではあまりお茶づくりが盛んではありません。

簡単に言ってしまえば、ちょっと山の中の田舎(失礼)の方がお茶づくりには適しているんです。

DSC_1628.JPG

しかしながらこのご時世。空港もあれば電車もあり、高速道路も通っています。
休日を利用して、各産地を巡る旅も楽しいですよ。
レンタカーを借りれば簡単に茶産地ぶらり旅ができますし、のどかな地区が多いのでサイクリングもおすすめです。

ヤマチョウも森町一宮にある小國神社の鳥居の横で「小國ことまち横丁」という観光施設を運営しています。
ヤマチョウが仕上げた「森の茶」の直営店は、飲みたいお茶をスタッフに伝えていただければ試飲をすることもできますよ。

190516b.jpg

他にもお茶屋ならではの、お茶を使ったタピオカドリンクやかき氷、団子などなどのカフェも充実しています。
駐輪場にはロードバイクが止められるような設備もあるので、カッコイイ自転車で来ても安心です。

また、小國神社は山のてっぺんにあるので、上り坂をグイグイのぼり、ことまち横丁で休憩をして、今度は下り坂をスーッと帰る。
緑あふれる山の中なのでとても気持ちよく走ることができますよ。

日本一のお茶処、静岡県です。茶産地ぶらり旅の際には、ぜひヤマチョウにもお立ち寄りくださいね。

「森の茶」のご購入はヤマチョウオンラインショップから↓↓↓

posted by やまちょう at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

一年中お茶はあるのになぜ新茶は人気なのか

森の茶製造元、ヤマチョウです。

ほとんどのお茶が新茶で出来上がりちょっと一段落です。
新茶はお茶屋の一大イベントです。お正月よりも盛り上がる一ヶ月です。

しかしながら、なぜ新茶だけこんなにも盛り上がるのでしょうか。
お茶は一年中販売されています。
ヤマチョウでもオンラインショップでポチッとすれば、365日24時間いつでも注文をすることができます。

しかし、実は一年の注文の半分くらいはこの新茶時期に集中しているんです。
それは何故か。

AC-新茶-茶園.jpg

そもそも新茶とは「その年に最初に芽吹いたお茶」のことです。「一番茶」とも呼ばれます。
その後に「二番茶」「三番茶」「四番茶」と続いていきます。

「一番茶」が一番若く柔らかい芽で価値があるものです。ヤマチョウのお茶はほとんどこの「一番茶」でつくられています。

新茶の摘み取りは地域によって時期が異なります。お茶は植物です。桜前線と同じ様に暖かい南の方から順番に新茶が出来上がってきます。
鹿児島などは4月上旬から中旬頃、そして、ヤマチョウがある静岡県森町のお茶は、だいたい4月末くらいから新茶の摘み取りが始まります。

この最初に摘み取られたお茶が「新茶(一番茶)」と呼ばれているんです。

ではなぜこの「新茶」が重宝されるのか。それは昔々のお話になります。

今でこそ、スーパーでお買い物をして家の冷蔵庫で保存するのが当たり前ですが、その昔は冷蔵庫も冷凍庫もありません。
「ナマモノ」が傷んだり腐ったりするのが当たり前の時代です。

そんな時代から、お茶は広く大衆に愛される飲み物でした。
しかしながらお茶も「ナマモノ」です。摘み取った後に乾燥をさせるので、傷んだお茶を飲んでお腹をこわすという事はありませんが、味の劣化は避けられません。

その頃、やはり摘み採ったばかりの新茶は新鮮そのもの。瑞々しくまろやかな旨みを楽しむことができたのです。
しかしながら、先程も申し上げたようにお茶は「ナマモノ」です。
冷蔵庫も冷凍庫もない時代、その辺りに放っておけばお正月の頃にはだいぶ味も落ちて、美味しさは半減です。

つまり昔の人は、美味しいお茶を飲める期間が限られていたんです。
そのため新茶は特別なもので、美味しいお茶を飲めるのをみんな首を長くして待っていたというわけです。

3a381965397e233febf19435d2a0a989_s.jpg

では、文明が発達し、冷凍庫も冷蔵庫も当たり前。ヤマチョウにもお茶に適した温度設定にした専用の冷蔵庫があって、一年中新茶と変わらない鮮度を保っているにも関わらず何故新茶が人気なのか。

それは、もうひとつの理由があるからなんです。

「初物七十五日(はつものしちじゅうごにち)」
という言葉を聞いたことがありますか。

初物には生気が溢れていて、それを食べることによって新たな活力が湧いてくる!と言う少しスピリュチュアルなものなんですが、なんとなく理屈的には納得できます。

特に物流が盛んなった江戸時代には、粋な江戸っ子たちが我先にと初物を競って食べていたそうです。やはり粋な人達は旬のものに敏感だったんですね。

江戸時代から数えて約400年。明治大正昭和平成、そして令和となったこの時代。
物流も、保存方法も、栽培も、あの頃とは大違いの便利なこの時代。食べ物は一年中美味しく、ハウス栽培の農作物はいつでも手に入れる事ができます。

しかし、便利だからこそ「旬」を感じる機会が少なくなっているように感じます。
昭和生まれの私が子供の頃は、初物を頂いたらまずお仏壇に御供えし、ご先祖様に食べてもらうのが当たり前でした。しかしそんな風習もあまり馴染みがない子供たちが増えています。そもそもお仏壇がない家も多いですし、わたし自身も、最近はお仏壇に御供えせずに食べてしまっています。。。おじいちゃん、おばあちゃん、ごめんなさい。

DL000002.JPG

「新茶」「新米」「初鰹」などなど。少し目を向ければ旬を彩る食べ物は意外とあるものです。
便利な世の中だからこそ「旬」を感じて大地の恵みに感謝するのにも「新茶」はいい機会かもしれませんね。

365日24時間ご注文受付中のヤマチョウオンラインショップはこちら↓↓↓

「新茶」といえば「八十八夜」
ヤマチョウの八十八夜新茶は5月31日までの限定販売です↓↓↓



posted by やまちょう at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

濃い味が好きな人におすすめのお茶

森の茶製造元、ヤマチョウです。

続々と新茶が出揃ってきている今日この頃。
今日は、芽茶が新茶でできあがりました。

1070.jpg

「芽茶」にはあまり馴染みがないと思いますが、お茶は「葉」「茎」「芽」そして
それらを分ける過程ででる「粉」に別れます。

一般的に「お茶」と呼ばれているものは「葉」の部分になります。

「芽茶」の特長はとにかくしっかりと濃い味です。
濃厚な飲みごたえと少しクセのある味は、ハマる人にはめちゃくちゃハマります。

濃い味がお好みの方におすすめのお茶です。
普段、煎茶を飲んでいて、もう少し濃いものが欲しいなという方は、一度芽茶
試してみてください。

ひょっとしたらあなたのお気に入りが見つかるかもしれませんよ。
posted by やまちょう at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

連休中の疲れ?はホッとするお茶で癒やしませんか。

森の茶製造元、ヤマチョウです。

今日は5月5日のこどもの日。
ヤマチョウの新茶もだいたいの品が出揃ってまいりました!!

0505f.jpg

4月下旬に出来上がった「手摘み茶」からはじまり、「森の粋」「森の華」
そして今日は、ヤマチョウの一番人気「森の雫」が新茶で出来上がりました!!

ヤマチョウの一番人気の「森の雫」は、旨み、香り、味のバランス抜群で
初めてのお客様にはまずこの「森の雫」をおすすめするくらいの品です。

ヤマチョウのお茶ってどんな味なんだろう?
そんな方はまずこの「森の雫」をお試しくださいね。

そして、渋みが少ない味でリピーターがとても多い「森のやわらぎ」、そして
深蒸し茶がメインのヤマチョウの数少ない「浅むしのお茶」の新茶で登場です。

コクがあり飲みごたえのある深蒸し茶に対して、爽やかな味わいとほんのりとした味わいが
楽しめる浅蒸し茶です。

浅蒸しが好きな人はもう浅蒸ししか買わないくらいクセになる味ですよ。

さあ、10連休も残すところあと2日。

連休後の疲れ?を癒やすためにも今のうちにホッとできるお茶の準備をお忘れなく!
posted by やまちょう at 07:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。