2020年07月18日

水出しはフィルターインボトルのためにつくったお茶で

森の茶製造元、ヤマチョウです。

毎日毎日、雨ばかりです。
どうしても家にいる時間が長くなってしまいがちな今日この頃。せっかくなので美味しい水出し茶でも作って、体と気持ちをスッキリさせてみませんか。

そんなわけで、予告から数週間も経ちましたが、やっとフィルターインボトルの専用茶のお話です。

皆様ご存じ、フィルターインボトル。その名の通り、ボトルの注ぎ口にフィルターが付いているので、急須のように茶葉を使ってお茶を淹れることができる水出し専用ボトルです。

先日お話した「自園つゆひかり」もフィルターインボトルを使ってぜひ水出しで飲んでいただきたいお茶です。水出しにするととにかく甘みが強く美味しいですよ。

さて、話を戻しまして。ヤマチョウでもフィルターインボトル販売当初は、普通に急須で淹れるようの茶葉を使っていたんですが、どうにもこうにも、フィルターが詰まる事が多いように感じました。ひょっとしたらヤマチョウのお茶が深蒸し茶だったかもしれません。

しかし、深蒸し茶の味に慣れた私たちにとって、蒸しが浅いお茶はちょっと物足りない。

そこで、フィルターに詰まらずストレスなく注ぐことができ、尚且つ深蒸しの飲みごたえも生かしたお茶を作れないか。
そこで試行錯誤の末に完成したのが「フィルターインボトルのためにつくったお茶」なんです。何のひねりもなくストレートな商品名ですいません。分かりやすいのが一番かと思ったので。

ss.jpg

このフィルターインボトルのためにつくったお茶を使えば、フィルター部分での詰まりはかなり抑えられ、スーッと注ぐことができておすすめです。特にこだわりがなければ、フィルターインボトルで水出し茶をつくる時は、このフィルターインボトルのためにつくったお茶がおすすめですよ。

ヤマチョウのフィルターインボトルのためにつくったお茶は全部で4種類あります。煎茶が2種類にほうじ茶と和紅茶です。

この中で一番人気なのは、スタンダードな深蒸し茶タイプの「しっかり濃い味」です。これが一番「ヤマチョウの味」の仕上がりになっています。甘み、旨みが強く、その中にも少し渋みを感じられるお茶らしいお茶です。お食事の後などにおすすめです。

次に人気なのが「ごくごくスッキリ味」です。こちらはスッキリとした甘さとサラッとした飲み口が人気です。麦茶のような感覚でゴクゴク飲める感じですよ。汗をだらだらかいて帰って来た時に飲むと最高に美味しい逸品です。

スッキリ甘い飲み口が更に強いのが「プレミアムな棒ほうじ茶」です。こちらは煎茶ではなくほうじ茶です。緑のお茶じゃなくて茶色いお茶です。焙煎が強いほうじ茶は、香ばしくスッキリした味が特長です。その中でも更に稀少な棒の部分を焙煎した貴重なお茶です。とにかく甘い、そしとにかく飲みやすい。そしてプンと薫るこうばしさ。とにかくスッキリしたい時にはこのお茶がおすすめです。

そして最後にご紹介するのが「国産紅茶品種でつくった和紅茶」です。紅茶と言えばインド、スリランカ、中国など海外で生産されるのがほとんどですが、最近、国内で栽培された紅茶品種が多く流通するようになってきました。海外のものと区別するため「和紅茶」と呼ばれています。和紅茶の特長はまず渋みが少ない事です。そしてまろやかで誰にでも飲みやすいシンプルな味に仕上がっています。水出しにすると紅茶の渋みが強くなりますが、和紅茶だったら渋みが少ないので、まろやかで飲みやすいですよ。ジャワティーみたいな感覚です。

自粛生活が長く家の片付けもたいがい終わったしまったかもしれません。お家をきれいにした後は、今度は家に住む人間の方のケアです。美味しい水出し茶をつくって、家族の時間を大切に過ごしてみませんか。


ボトル本体。フィルターインボトルはこちら↓↓
https://yamachou.net/products/list12.html

水出しで飲んで欲しい新商品。自園つゆひかりはこちら↓↓
https://yamachou.net/products/detail496.html
posted by やまちょう at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]