2022年05月02日

いよいよ八十八夜新茶が登場です

静岡県にある森の茶製造元・ヤマチョウです。

お待たせいたしました。
いよいよ本日から「八十八夜新茶」の販売がスタートです。

八十八夜とは、立春から数えて八十八夜ということです。

立春から八十八夜くらいの頃は青々とした新茶が芽吹き、最盛期を迎えています。
この頃に摘みとられた新茶は爽やかで瑞々しく、一年で一番旬を楽しめるお茶でもあります。

DSC_1646.jpg

そこでヤマチョウでは、この時期に採れたお茶を特別に「八十八夜新茶」とし、5月31日までの限定で販売をしています。
ヤマチョウの旬の味を最も楽しむことができるのがこの「八十八夜新茶」でもあります。

八十八夜の頃に摘んだ新茶を飲めば病気にならない、長生きをするなどの縁起の良い言い伝えもあります。

確かに新茶に含まれる栄養素は、その後の時期に摘まれる二番茶に比べて優れていて、美味しさも格別です。
昔の人は、それを知っていたのかもしれませんね。

旬のものは旬に楽しむ。

ご贈答や、自分へのご褒美に、摘みたてホヤホヤの「八十八夜新茶」はいかがですか。

DL000002.jpg

■ヤマチョウの八十八夜新茶はこちら

■今売れてます。稀少品種茶はこちら

■静岡でりんご飴を食べるならここ。静岡の憩いの場「ことまち横丁」

posted by やまちょう at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック